エントリー

皇后エリザベート(シシィ)

今回はお気に入りのワッペンの紹介です。よく見ると皇后エリザベートの頭文字「E」が浮き彫りになってます。そして、この向かい側には皇帝フランツ・ヨセフ「FJ1」のワッペンが掲げられており、左右セットです。

皇后エリザベート(シシィ)のワッペン

撮影は2017年5月07日、いつも通りスマホです。

このワッペンは、世界で一番美しい美術館として知られるウィーン美術史美術館に掲げられてます。

 

美術史美術館に入場すると大階段踊り場のテセウス像が目を引きます。これは、彫刻家としては古典派唯一の巨匠アントニオ・カノーバの代表作「ケンタウルスを倒すテセウス像」です。

殆どの来館者は吸い込まれるようにテセウス像に向かって階段を上がってゆきますが、この彫像に向かうときに左右の壁面を見ると大きなワッペンが見つかります。

下記画像の左右両端で確認できます。

このワッペンの彫刻家は世紀末にウィーンで活躍したルドルフ・ヴァイアです。

ヴァイアの作品はウィーン中至るとこrで観られ、ブラームスの像、オットー・ワーグナーの水門に添えられたライオン像、新王宮天辺で黄金色に輝く双頭の鷲、王宮玄関左右の彫刻群「海の力」「陸の力」、グリルパルツァー像、シュトック・イム・アイゼン広場の建物入り口扉レリーフ、ペーター教会外壁のカール大帝、市立公園角の画家ハンス・カノン像などです。

下記グリルパルツァー像は国民庭園です。

 

楽友協会の理事を務めていた音楽家ブラームスは、カール広場から楽友協会に向かって像が設置されてます。

 

世界史美女伝に名を連ねるエリザベートは、麗しの皇后、世界一美しい皇后などと言われ、日本語の本も多く出版されてきました。孤高の美女としての生き様も興味深く、映画や小説、ミュージカルでも知られてます。

ウィーンに来て皇后エリザベートを訪ねてゆくと、シシィ博物館、宮廷家具博物館、シェーンブルン宮殿、皇帝霊廟、エリザベート像などを観に行くのが一般的な観光でしょう。ときには市街地の喧騒から離れて、シシィの隠れ家として夫のフランツ・ヨセフ皇帝がプレゼントした「ウィーンの森」のお城まで足を伸ばすこともあります。 

ウィーンでの観光ガイドについてのお問い合わせや申し込みはメール送信フォームからどうぞ。

 

ウィーン中央駅

現在は、ウィーン発着の全ての国際列車がこの中央駅です。移動は地下鉄「U1」路面電車「D」「18」または快速列車(S-Bahn)です。

ウィーン中央駅

オーストリア共和国の公用語ドイツ語でWiener Haupt Bahnhof/ヴィーナー・ハウプト・バーンホフ。日本語では主要駅ではなく『ウィーン中央駅』と翻訳することにしたようです(何処の誰だぁ~)。これにより長年呼ばれ続けてきたこれまでの中央駅/Wien Mitteは「ミッテ駅」と呼ぶことになりそうです。間違えの無いように注意が必要です。

写真に写っている国際列車ホームは最上階のファーストフロアで、グランドフロアにはショッピングセンターやフードコート、ケーキ屋さんオバーラァ、パン屋さんがあり、地階のショッピングセンターに軽食喫茶、大きなスーパーマーケットがあります。さらに地下2階に下りるとマクドナルドから路面電車や地下鉄へのアクセスとなります。

この大きな駅には下階の快速列車ホームも含め沢山のホームがあり、約一千本の列車が毎日発着しているそうです。出入り口が路面電車や地下鉄なども含めて広範囲に点在しているので、初めての利用時にはロスタイムも計算に入れます。 

http://hauptbahnhofcity.wien/

 

移動の日本語斡旋は観光ガイドよりも料金が安くなりますから、問合せや申し込み時に「市内移動斡旋希望」と記入ください。

一次大戦前の国立歌劇場

  • 2021/09/15 23:10
  • カテゴリー:その他

この水彩画は20世紀初頭、第一次世界大戦直前のウィーン国立歌劇場です。どこにでも転がっているような、ありきたりの売り絵ですね。

作家は二次大戦の終了時、今から71年前に死んだヒットラーだそうです。1907年(18才)から1013年(24才)のウィーン時代か、その直後のミュンヘン時代に模写で稼いだ頃の作品とのことです。

 

ウィキペディア「アドルフ・ヒトラー」

絵葉書売りで生計を立てた時も既存作品の模写が多かったという。ミュンヘン時代の知人の証言では、ヒトラーは同地で生活した頃は名所の風景画を中心に売っていたが、本人は現地には行かず、記憶やほかの画家が描いた絵などを参考に描くという独特の手法をとっていた。

 

ヨーロッパの観光名所で見られる路上の水彩画売りは、ウィーンならシェーンブルン宮殿の正門、市立公園のヨハン・シュトラウス像、それから王宮界隈などで見られます。ウィーン観光で目にされた方も居るのではないかと思います。

その路上画家さん達も、時代の流れでしょうか、21世紀に入った頃から段々と減って行き、今では中国人が残るだけになりました。

値付けは絵のサイズにより千円から3千円程度ですから、観光客が気軽に手を出せる程度の値段です。

上の写真は、その謎の中国人(笑)路上画家さんからのいただき物です。

仕事ではなく自分の散歩で市立公園を横切ったときに、路上で絵を売る彼と立ち話したときに、「これあげるヨ!」と新聞紙に挟んで筒状に丸めて渡してくれた作品です。2019年の秋でした。

絵の部分は10センチぐらいの小品で、売値は千円ぐらいの安物です。色も乗せすぎですね。でも、数十年間お仕事の最中に路上で見続けた彼の思い出に、帰宅後マット付きの額縁に入れました。

このリトグラフまがいの水彩画は、値段から想像できるとは思いますが、19世紀後半に流行ったリトグラフの上に薄紙を置いて、透けて見える線をなぞって描き、それをコピーマシンで大量にコピーして、路上でポスターカラーを水に溶いて薄く色付けしたものです。

ヒットラーの時代にはコピーマシンが無かったので、一枚ずつ描くしかなかった時代でしたね。

ウィーン旧市街地の散策

この動画は、カメラを持って1時間半ウィーンの旧市街地内を歩くだけの動画です。余分な音楽やナレーションが入らないので、観光馬車の蹄の響きや観光客の喧騒が心地よいです。まるで、晴れた夏の日にウィーン旧市街地を散歩しているような雰囲気が楽しめます。

ウィーンを知っている人にはもちろんですが、お盆休みがステイ・ホームの方はYouTube動画で1時間半のウィーン旧市街地の散歩はいかがでしょうか。

動画撮影は路上の徒歩です。博物館や美術館は入り口を通過し、唯一の入場はシュテファン大聖堂です。

Vienna, Austria Walking Tour

オペラ座 ⇒ 王宮庭園 ⇒ アルベルティナ美術館 ⇒ カフェ・モーツアルト ⇒ 歩行者天国ケルントナー・ストリート ⇒ シュテファン大聖堂 ⇒ モーツアルト記念館 ⇒ 歩行者天国グラーベン⇒時計博物館 ⇒ アム・ホーフ広場 ⇒ 王宮御用達レストランのツム・シュヴァルツェン・カメル(黒ラクダ) ⇒ 歩行者天国コールマルクト ⇒ ミヒャエル広場 ⇒ スペイン式乗馬学校の厩宮 ⇒ ヨゼフ広場 ⇒ 王宮礼拝堂 ⇒ 王宮のシシィ博物館 ⇒ 王宮の英雄広場 ⇒ マリア・テレジア像 ⇒ ミュージアム・クォーター

 

ウィーン旧市街地の徒歩観光ページ

 

因みにYouTubeの宣伝カットは合法だという判決が確定してます。

宣伝カットはブラウザからアドオン(小さな拡張機能プログラム)の「uBlock Origin」を導入するだけです。

YouTubeの宣伝を非表示にする方法

これで動画の中断なく最後まで見ることができるようになります。

チチンプイプイ~♪  お試しあれ!

ヤン・ブリューゲル(父)1568-1625

ブリューゲルと言えば、ウィーン美術史美術館にある世界最大・門外不出のコレクションが有名です。

今回は、そのピーテル・ブリューゲルではなく、彼の次男ヤン・ブリューゲル(父)1568-1625です。

ヤン・ブリューゲル

どうですか、中央部にトンボが見えますか? 見つからないときは拡大画像で確認できます。

ただ、それだけです(笑;


美術史美術館で、もしも時間とゆとりがあったら是非この美しい花束を鑑賞されてくださいね。ヨーロッパ、世界の美術館を巡りましたが、未だにこの絵を凌ぐ花束の絵画は見たことがありません。素晴らしいです。

 

ややこしいですが、有名なピーテル・ブリューゲルの長男がピーテル・ブリューゲル・ジュニア、次男がヤン・ブリューゲル。ヤン・ブリューゲルの長男がヤン・ブリューゲル・ジュニア、さらにその子がアブラハム・ブリューゲルです。

系図がウィキペディアにあります:

https://w.wiki/3xvf

要するに、画家として活躍したブリューゲルファミリーの内の一人が「花のブリューゲル」と言われたヤン・ブリューゲル(父)です。

シェーンブルン日本語資料

ヨーロッパ観光でシェーンブルン観光を外すことはできませんが、日本語の案内がなければ何もわからず徒労に終わってしまいます。

スポットで日本語の公認ガイドが付く「行け進めの格安ツアー」ではなく、手作りの個人旅行にお薦めなのがこの資料です。

https://www.schoenbrunn.at/international
シェーンブルン日本語資料

資料を手に持っての観光は、文面ばかりを見続けてしまい展示を観ることができませんから、事前に資料を暗記し、現場ではmp3の案内をスマホからノイズキャンセリング機能イヤホンで聞くというのはいかがでしょう。

シェーンブルン宮殿の庭園とグロリエッテの丘

資料紹介の投稿で恐縮ですが、安価な公認ガイド料金のシェーンブルン内部ツアーを検討いただければ幸いです。

ウィーン観光情報の掲示板

  • 2021/07/11 23:50
  • カテゴリー:その他

1980年代半ばのことですから昔の話です。

カーレンベルク(独)からレオポルツベルク(独)方向へウィーンの森を散歩したときでした。ヨゼフィーネン・ヒュッテ(独/英)の手前でWWWWとWの文字が縦に4つ並ぶ膝の高さぐらいの石柱を見つけました。

そのとき散歩に来ていた方に伺ったところ、「Wが4つで、Wiener Wald Wander Weg」「ウィーンの・森の・散歩・路」とのことでした。

この語呂合わせのような「WWWW」が忘れられず、サイト開設時に「ウィーンの森の散歩道」をホームページ名とし、URLをwwwwとしました。

カーレンベルク

その後WienerWald WanderWeg表記はWiener WanderWeg(独)へ変更され、WWWW表示の石柱も撤去されました。

 

ウィーンの森でのブナ林に響くキツツキの音、ちょっとネギ臭いですが春先の真っ白い花の海、一列に並び猪突猛進の最後を追いかけるウリ坊の様子、目の前を駆け抜ける鹿の姿、掌からクルミをツイバム小鳥、肩まで登ってくるリス、遠くから響く子供の遊び声、そしてウィーンの森の散歩道て楽しみを共有してくださるお客様の言葉は、外国人としてウィーンで子供を育て生き抜くための生活で疲弊した心を癒やし続けてくれました。

ウィーンの森の散歩道

 

ウィーン観光情報は1992年にCompuServeのサーバースペースでWebサイト「ウィーンの森の散歩道」を公開し、CompuServeのサービス終了後はニフティサーブのスペースを使い、そしてニフティサーブのサービス終了後は wien-jp.comドメインを取得、本格的なホスティングサービスのサーバースペースを借りてサイトを公開、さらにサイト名も「ウィーン観光情報」に変更しました。

そのときにそれまでのサイト名「ウィーンの森の散歩道」を掲示板の名前として残すことにしました。これは1990年代にハネムーンでウィーンを訪れた多くの方が利用したサイト名だったはずです。

ウィーンの森に広がるワイン畑

ウィーン観光情報は、ホスティングサービス終了による複数回の危機を乗り越えて現在に至ってます。数十年間の運営中にウィーン関連の他サイト消滅を見続けた結果、長続きのためには利益をあげる必要性を感じるようになりました。

利益のために続けるのではなく、続けるために利益を求めるというコンセプトの元に、サイト内のネット通販のアフェリエイト、宿やリムジン会社などの紹介、ガイド業務の売上げをサイト管理費に充てて運営してきました。

長年の管理業務は有に2万時間を越え3万時間に迫ってきました。これまで多くの方々に助けられ、また非力ながら多くの方々を支えけ続けることができ、サイトを継続できたのは、ひとえにウィーン観光情報を利用してくださる多くの方々の支援によります。これからもウィーン観光情報 ウィーン.com をよろしくお願いいたします。

クリスマス時期のウィーン

クリスマス時期にウィーン市心歩行者天国へ出たときに写した写真を見つけました。


こういう写真を見ると冬のウィーンも悪くないですね。冬のウィーン旅行を計画する方はお楽しみにどうぞ。

カフェで美味しいウィーンのケーキとコーヒーで暖まるのもお勧めです。


アドベント待降節の時期には先ずブランド街のコールマルクト通り:

ウィーン歩行者天国コールマルクト

 

そして、これはウィーンの銀座通り「ケルンテン通り」

ウィーン歩行者天国ケルントナー通り

 

ウィーン散歩のお供や道案内だけなら公認ガイドでなく、安価な日本語のウィーン斡旋員手配でも良いかもしれません。メール送信フォームから相談いただければ幸いです。

ウィーンの森の散歩道

  • 2021/01/01 14:40
  • カテゴリー:その他

1996年以後に個人旅行でウィーンを訪れたり、ウィーンに滞在した方はこのページを見たことがあるかもしれません。ウィーン観光情報の掲示板●ウィーンの森の散歩道●です。

ウィーン観光情報の掲示板

このウィーン観光情報のアドレスが2021年の元旦から変わりました。これまでの「wien-jp.com」から日本語ドメインの「ウィーン.com」に変更です。

この日本語ドメイン「ウィーン.com」が英数字表記では「xn--dckf6u9a.com」ですから「ウィーン.com」でも「xn--dckf6u9a.com」でも中身は全て同じです。

掲示板へのダイレクトリンクは以下:
https://ウィーン.com/cgibin/wwww.cgi

または英数字表記:
https://xn--dckf6u9a.com/cgibin/wwww.cgi


それから、引っ越しを機に通信の暗号化をしました。

◯ htpps://
X htpp://

 これまでの「http://」でも閲覧は可能ですが投稿などはできません。

 

現時点では社会的に影響のある掲示板だけ引っ越しを完了したところで、それ以外のCGIは動いてませんし、新サーバーにデーターをアップロードしたときにウィンドウズ環境の Shift-jisそのままアップロードしてしまい、掲示板以外が文字化けしてます。

今後のことを考えると全ページのmetaタグを書き換えてユニコードでアップロードするのが良いのですが、作業に膨大な労力と時間が必要です。

コロナ禍が過ぎ去るまでには不必要な内容を削り、新情報へアップデートする予定です。

ご迷惑をおかけして申し訳ありません。これからもウィーン観光情報をよろしくお願いします。

30分間ぐらいのウィーン観光

ウィーン紹介の動画がたくさんありますが、これはよく出来てます。英語ですが画面を見ているだけでも楽しめます。是非どうぞ!

YouTubeのウィーン動画

  

ウィーン観光ガイドのお問い合わせと申し込みはメール送信フォームからどうぞ。

ページ移動

ユーティリティ

プロフィール

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

ページ

  • ページが登録されていません。

Feed